体重マニュアル
お問い合わせリンク体重マニュアル

標準体重(平均体重)

日々体重を気にする私たちは、何を基準にして「太った」「痩せた」と一喜一憂しているのでしょうか。過去の体重では記憶があやふやになりがちですし、友達の体重では身長や体格差も考慮に入れなければなりません。体重の明確な判断基準として活躍するのが標準体重と平均体重なのです。

標準体重と平均体重

標準体重とは、「身長から割り出された、病気になりにくく健康に生活できると考えられる適正体重」のことで、平均体重は「住んでいる地域や性別などの所属する母集団ごとに分類し、統計から算出された平均値としての体重」のことです。時折両者を混同して扱っている人を見かけることがありますが、区別して扱うべきものなのです。

標準体重の意味

標準体重は、身長から算出された適正な体重です。標準体重は、体重を落とす上で最も判りやすい基準として扱うことが出来ます。
標準体重は身長と体重から割り出されるBMI指標によって算出されます。標準体重はBMI指標で「最も病気になりにくい数値」とされる22になる数値を身長から割り出します。しかし、BMI指標は体脂肪率や骨密度などが考慮に入っていないため、信頼性に少々難があるといえます。

標準体重の算出法

標準体重の算出根拠となるBMIの計算は割愛して、標準体重を算出するための方程式を紹介していきます。
式にすると、

『標準体重(kg)=(身長(m)×身長(m))×22』

で、センチメートルではなくメートルに換算した身長の二乗に22をかけて出た数字が標準体重となります。つまり165cmの人の場合、1.65×1.65×22=59.895で約59.9kgが標準体重となります。

標準体重の注意点

標準体重は、あくまでも「病気になりにくい健康的な状態」とされる体重で、一種の理想であるといえます。ですので、標準体重よりも5kg程度重くても誤差の範囲で済ませられると見て構わないでしょう。かといって、標準体重を守らなくても良いというわけではないので、標準体重に近づける努力を欠かさないようにしましょう。

平均体重の意味

平均体重は、「所属する母集団」単位で一纏めにして算出される統計結果の一つです。しかし、一方では「同じ身長で分類して算出された平均体重のほうが、信頼性が高いのではないか」という考え方もあるわけです。
平均体重などの統計データというものは、一過性のものではなく数年間から数十年間という長期に渡って集計し続けることで初めて意味が現れるものです。集積された統計データと、その年に起きた出来事を照らし合わせていくと「何が身長や体重の変化に影響したのか」という答えが見えてくるわけです。

平均体重の算出法

平均体重を算出する場合、学校で習ったように

『(体重1+体重2+体重3+…+体重n)÷n=平均体重』

という式で算出します。要するに、『体重の総計値÷全人数』で算出します。

平均体重の注意点

平均体重は統計学的なデータなので、標準体重のように従うべき指標として扱わなくてもよいと考えても構わないでしょう。しかし、自分の体重が平均体重を遥かに上回っている場合や平均体重が平均身長から割り出される標準体重を上回る場合などは、危機感を持つ必要があるといえます。平均体重は、自分の所属する母集団全体に対する警告でもあるのです。

体重
<a href="http://taijumanual.com/" target="_blank"><img src="http://taijumanual.com/img/banner.gif" alt="体重" width="88" height="31" border="0"></a>

体重マニュアル

<a href="http://taijumanual.com/" target="_blank">体重マニュアル</a>

広告掲載