体重マニュアル
お問い合わせリンク体重マニュアル

基礎代謝

人間は何もしていなくてもお腹が空きます。食事はエネルギーや身体の維持に必要な栄養を補給するために行なわれます。つまり、人間は何もしなくてもエネルギーの補給が必要なのです。身体の中で行なわれているエネルギーの消費である基礎代謝について解説していきます。

基礎代謝とは?

基礎代謝とは、多量のカロリーを必要とする運動を行っていない状態でも細胞によってカロリーが消費される身体の働きのことです。現在主流のダイエットは、この基礎代謝量をいかに増やすかに焦点を当てているものが多く見られます。

基礎代謝がある理由

人間をはじめとする哺乳類は、外気温の変化に体温が左右されない恒温動物であることが知られています。毛皮を持たない人間を含む多くの恒温動物は、運動などでカロリーを消費して熱を作ることで体温を維持する機構を持っています。睡眠時などの運動していない状態の時も体温を維持するために、細胞はカロリーを消費して熱を発生させています。この細胞が運動以外の時に熱を発生させる仕組みこそが基礎代謝で、基礎代謝がなければ人間をはじめとする哺乳類は生きていくのが難しいのです。

基礎代謝量の基準

基礎代謝によって発生するカロリーの消費量を、基礎代謝量と呼びます。この基礎代謝量を決定しているのは、筋肉組織の総量です。筋肉組織は運動の時だけに働くわけではなく、常に体温を維持しているのです。基礎代謝量は、年齢に応じた筋肉の発達に合わせて増減します。最も基礎代謝量が大きくなるのは思春期を迎える12歳から14歳ごろになります。

基礎代謝と体重の関係

基礎代謝量の向上がダイエットに繋がる理由は、「エネルギーの消費」という基礎代謝の働きそのものにあります。人間の身体は、使いきれなかったエネルギーを脂肪に変換して蓄積しておくという機能を持っています。蓄えられた体脂肪は非常用のエネルギーとして使用される性質を持っています。この性質を利用して、基礎代謝量を向上させることで蓄えられた体脂肪の消費を行なうというのが、基礎代謝を利用するダイエット法の目的なのです。

基礎代謝の利点

基礎代謝量を向上させることは、ダイエット効果だけに留まらない効果を持っています。基礎代謝量が向上するということは筋肉の量が増えているということと同じなので、運動能力の向上が期待できます。また、基礎代謝量向上のためのトレーニング自体が運動としても成立するので、運動不足の解消にも効果的です。

注意点

「基礎代謝量を向上させればダイエット効果がアップする」と謳うダイエット教本は数多くありますが、基礎代謝量だけで食事で摂取したカロリーの全てを消費できるわけではありません。体重を落とすためには、運動によるカロリー消費も積極的に行なわなければならないのです。また、基礎代謝量の向上のために鍛えた筋肉は運動やトレーニングを続けていないと、筋力が衰えてしまうだけでなく動脈硬化などを引き起こす恐れが現れてしまいます。

体重
<a href="http://taijumanual.com/" target="_blank"><img src="http://taijumanual.com/img/banner.gif" alt="体重" width="88" height="31" border="0"></a>

体重マニュアル

<a href="http://taijumanual.com/" target="_blank">体重マニュアル</a>

広告掲載