体重マニュアル
お問い合わせリンク体重マニュアル

基礎代謝量を上げる為の運動

基礎代謝量の向上には、運動や筋力トレーニングが最適です。しかし、いざダイエットのためにと運動習慣を始めてみるとなかなか効果が出なくて早々に挫折してしまうことも少なくありません。
どのような運動や筋力トレーニングが基礎代謝量の向上に効果的なのでしょうか。

基礎代謝量アップのための運動とは

基礎代謝の総量は、筋肉の総量によって決定します。つまり基礎代謝量を増やすためには筋肉を増やせばよいということになります。筋肉の量を増やすためには、運動や筋力トレーニングが最適です。

筋肉を増やすためには

運動やトレーニングで筋肉が増えるのは、身体が持つ自己治癒能力の働きによるものです。激しい運動による負荷が筋肉に掛かると、筋肉の繊維に損傷が起こります。この時、同じ負荷が掛かっても損傷しないように筋肉の量と強度を高める再生が行なわれます。傷ついた筋肉が強く再生する現象を「超回復」といいます。筋力トレーニングでは、この超回復の効果的な発生を狙ったスケジュールに基づいて行ないます。

筋肉と体重の関係

「筋肉を鍛えることは基礎代謝量の向上に繋がる」といっても、筋肉の増量が体重の減少に繋がるというわけではありません。実は筋肉は体脂肪よりも重いという性質を持っています。体脂肪率が一桁台ということも珍しくないボディビルの選手の多くが、肥満でないのにも関わらず標準体重を大きく上回っているのも、筋肉そのものの重さから来るものなのです。つまり、ダイエットのためにハードな筋力トレーニングを行なうことは本末転倒であるといえます。基礎代謝量の向上を目的とした内容を設定することが大事なのです。

運動内容の設定

ダイエットのための運動の最大の難点は、「毎日続けること」であるといえます。そのためダイエットのために行う運動は、場所を選ばないことや運動強度の強さなどの「毎日続けるための条件」が揃っているものを選ばなければなりません。そういった点を考えればダンベル体操やジョギングなどの「使用する道具が持ち運びしやすい」「何も使わない」運動が、ダイエットのための運動として適しているといえます。

運動の休止の影響

ダイエット目的で行われる基礎代謝量向上のための運動は、目標体重に達すると運動の継続を打ち切る場合が非常に多いといえます。基礎代謝量を決定する筋肉は、運動によって維持されるため運動量を減らすと筋力が衰えてしまいます。筋力の衰えは基礎代謝量の減少だけでなく、体型の弛みとしても身体の外に現れてしまいます。つまり、ダイエット目的で運動を行うのであれば、その後の体型の維持も含めて継続できる内容を考える必要があるのです。

目標と目的を定める

ダイエットに挑戦する人は多いのにも関わらず、初志貫徹できた人は圧倒的に少ないといえます。これは、ダイエットの目的が大きな理由となっているといえます。漠然と「痩せたい」という目的を決めるよりも、「○月○日までに体重を×kg減らす」というように期限と目標を設定した方が、ダイエットに力がより一層入ります。このように目的だけでなく、目標を定めることでダイエットを諦めず継続することが出来るのです。

体重
<a href="http://taijumanual.com/" target="_blank"><img src="http://taijumanual.com/img/banner.gif" alt="体重" width="88" height="31" border="0"></a>

体重マニュアル

<a href="http://taijumanual.com/" target="_blank">体重マニュアル</a>

広告掲載