体重マニュアル
お問い合わせリンク体重マニュアル

ダンベルでトレーニング

健康器具であるアレイやダンベルを用いたトレーニングは、スポーツ選手のみならず多くの人たちにも浸透しています。筋肉に適切な負荷を掛けることで運動効果を得ると同時に、基礎代謝量を向上させてダイエット効果が得られるダンベルでのトレーニング法を紹介していきます。

ダンベルトレーニングでダイエット

ダンベルを使用したダンベルトレーニングは、「場所を選ばずに出来る」などの利点があります。初期投資としてアレイやダンベルを買わなければならないという難点がありますが、それだけの価値があるトレーニング法であるといえます。

用意するもの

ダンベルトレーニングで用意するものは、ダンベルまたはアレイです。ダンベルの重さだけで効果が決まるわけではないので、取り扱いやすい重さのものを選びましょう。旅行や出張などでダンベルを持ち出せない場合は、ペットボトルに水や砂をつめたものがダンベルの代用品として使えます。

ダンベルトレーニングの特徴

ダンベルトレーニングは、ダンベルさえあれば時間や場所を選ばずに行なえる運動です。また、エアロビクスのような難しい動作を覚える必要がないのも特徴といえます。一般的には「ダンベルが重い方が、効果が高い」と考えられがちですが、回数を多くこなすことでカバーできるのもダンベルトレーニングの特徴であるといえます。ダンベルトレーニングがダイエット法として流行したのも、これらのメリットともいえる特徴があってこそといえます。

ダンベルトレーニングの注意点

ダンベルトレーニングをダイエット目的で行なう場合、気をつけたいのが筋肉痛です。筋肉痛は筋肉の断裂が原因で起こる痛みで、筋肉の回復によって痛みは治まります。しかし、筋肉痛が治まらないうちにダンベルトレーニングを続けると逆効果になり筋力の低下や縮小を引き起こしてしまいます。筋力の低下は基礎代謝量の低下にも繋がるため、筋肉痛を感じたら最低一日はトレーニングを休んで筋肉の回復に努めるべきです。

ダンベルトレーニングのやり方

ダンベルトレーニングは高い効果があるトレーニング方法ですが、やり方によって身体に掛かる負担が大きく違ってきます。身体への負担を小さくすることは運動習慣を長く続けるためにも重要な要素となってくるのです。

過度の筋力トレーニングは厳禁

一般的に考えられているダンベルトレーニングは、スポーツ選手が行なっているような筋力トレーニングのイメージが強いといえます。しかし、筋力トレーニングは筋肉を肥大させる効果があります。それに加えて筋力トレーニングは筋肉痛を起こして筋肉を強くするのが目的であるため、体重を減少するために行なうダイエットには向いていないといえます。

全身の筋肉をバランスよく鍛える

人間の身体は、全身のバランスが健康に大きな影響を与えることが知られています。そのため、筋力トレーニングを行なう際には偏りが無いようにトレーニングメニューを選ばなければなりません。ダンベルトレーニングで全身の筋肉をバランスよく鍛えたいのであれば、両手にダンベルを持ったままラジオ体操を行なうと良いでしょう。

体重
<a href="http://taijumanual.com/" target="_blank"><img src="http://taijumanual.com/img/banner.gif" alt="体重" width="88" height="31" border="0"></a>

体重マニュアル

<a href="http://taijumanual.com/" target="_blank">体重マニュアル</a>

広告掲載